06-

予防歯科(メンテナンス)

歯周治療後のメンテナンスの重要性とは?

歯ブラシ歯周治療で最も大切なことは、しっかりとした歯磨きです。
ですので、治療後にメンテナンス(定期検診)を行う事は、治療と同じくらいに重要です。
口の中は食べればすぐプラーク(歯垢)が増え始めます。
3日磨かない所があれば歯ブラシではかなり落ちにくくなります。
時間が経って更に硬くなりご自身では綺麗に出来ません。
歯科医院で歯周治療をしたあとは、磨き残した部位が無いか定期的にチェックし、あればその部位を指摘して再発を防止し、かつ綺麗に汚れを落とす必要があります。
ご自身の歯ブラシでは落ちにくいプラーク(歯垢)を、定期的に歯科医院のメンテンスで綺麗に除去し、チェックする事が大切です。 おうちでのホームケアと歯科医院での定期的なメンテナンスをする事で、健康な歯と歯ぐきを保つことができ将来的に歯が抜け落ちる原因を防いでくれます。
当院では、患者さまの症状が安定した歯周組織を維持するために、歯科医療従事者が支援する治療、メンテナンスに力を入れております。

PMTCとはプロフェッショナル・トゥースメカニカル・クリーニングの略称で、「歯科医師・歯科衛生士による機械を使った歯の清掃の事を言います。
お時間は約30分~40分程度で、保険診療が適応されます。
治療中の嫌な音と痛みはありません。

PMTC

痛くないのに何故、歯医者さんに行くの??

多くの方が歯科医院のイメージは歯に痛みを感じたり、虫歯があった時に行くというものではないでしょうか?しかし痛みを感じてから、虫歯になってからでは手遅れのケースがあります。また歯周病により歯を失うと顎(アゴ)の骨を再生しないといけません。歯周病は顎(アゴ)の骨を溶かしてしまう恐ろしい病気なのです。
歯周病の初期段階では、ほとんど症状がなく静かに進行していくため、「沈黙の病気」と言われています。

当院では、むし歯や歯周病の予防として、定期的な予防検診をお勧めいたします。

是非一度、検診をお受け下さい。

ページトップに戻る