06-

一般歯科

一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・審美歯科・口腔外科などの特殊な治療以外
むし歯治療や歯周病の治療、入れ歯の製作などの治療の事をいいます。
一般歯科では、保険の範囲内で行われる治療が多いことから、保険診療=一般歯科という方もいらっしゃいます。

当院では、この保険治療を全般に、お痛みやその他の症状が無い場合でも定期的な歯科検診も行っています。

最近、歯医者に行ってないな・・という方がいらっしゃいましたら、是非一度、検診にお越し下さい。

虫歯の段階と治療法

歯が脱灰し、白く濁ります。痛みはありません。
適切なブラッシングや、フッ素塗布などにより進行が防げます。
削る必要はありません。
歯に穴があきますが、初期のむし歯で、痛みはありません。
むし歯を取り除き、修復材を詰めます。
むし歯がエナメル質(歯の表面)から象牙質まで進行し、
冷たいものがしみ、痛みを感じます。
C1と同じくむし歯を取り除き修復材を詰めます。
箇所が大きければ、インレーという部分的な詰め物をセットします。
歯の神経まで進行している状態です。熱いものがしみたり、何もしないのに
激しい痛みを伴います。他の歯へむし歯が感染する恐れがあります。
患部を完全に削り取り、歯の神経を消毒し歯に被せものをします(根幹治療)。
根管治療には、針の形をした専用の器具を用いて治療を行っていきます。
歯が崩れ、根しか残っていない状態です。抜歯をするほかなく、
インプラント、ブリッジ、入れ歯という選択になります。
むし歯・歯周病などにならない歯を作る為にも、
当院では予防歯科の代表格、PMTCを推進しています。

小児歯科

子どもの歯と口の健康管理は、予防と早期発見・早期治療が重要です。
そのためにお子様成長に合わせて診断することで、虫歯を防ぎ、よく噛んでしっかり食べられる子に育てましょう。

お子様の歯は3歳で20本の乳歯が生え揃い、小学校入学位になると今生えている乳歯の奥に"6歳臼歯"という初めての永久歯が生えます。
6歳臼歯は噛み合わせの中心となる歯で、噛む力が強い為、非常に重要な存在です。

虫歯になりやすい歯の溝を埋めるフィッシャーシーラントとは?

家族の写真 6歳臼歯の奥歯は溝が多く、ブラッシングが十分に出来ない為、歯垢などがたまってむし歯になりやすいので、シーラントをこの溝の部分に塗布してあげることで、むし歯になりにくい歯にします。この溝を埋める事をフィッシャーシーラントと言います。


フッ素はお子さんの歯を強くしてむし歯予防になります。
フッ素には歯の再石灰化を促進し、虫歯に強い歯質をつくる性質があります。3カ月に1度はこのフッ素塗布が理想です。

むし歯治療は大人でも嫌な治療です。
お子さんがむし歯にならない様に、予防歯科でこのフッ素塗布をおすすめします。
歯科医院でのフッ素塗布はもちろん、ホームケアも大切です。
歯科衛生士による歯磨き指導も行っておりますので、是非お子さんとご一緒にご来院下さい。

予防歯科はコチラ

ページトップに戻る